「清澄な、そよ風のような生徒」

ブログのタイトルを「清く澄む」としました。学校の所在地が清澄であることや、学校の前に清澄庭園・清澄公園があることも関係していますが、校内にいつも、清澄な、そよ風のような生徒がいてほしいという願いを込めて名付けました。

どんな生徒でも清く澄みわたった心を持っています。友達と過ごしている時、家族と接している時、部活動の先輩と交流している時、先生と話している時、授業を受けている時・・・。さまざまな場面で、自らの清い心を感じたり、澄みわたった心を感じたりしています。或いは、他者からの清らかな思いやりや澄んだ優しさに触れて、自らの心が洗われることもあります。

始業式で全校生徒に、CAN(できることは100%やろう)、MUST(すべきことに努力しよう)、WILL(やりたいことに挑戦しよう)という話をし、「何でもいいから、達成できたら、報告に来てください。」と言いました。数日後、「できました。友達が5人できました。その後7人に増えました。これからの目標は、あと21人(クラス全員)と友達になることです。」と、中学1年の4人の生徒が言いに来てくれました。「席の近くの人と話している時に、周囲の人を巻き込むことを意識して、連鎖が起こるようにしました。その連鎖を大切にして、クラス全員と友達になっていこうと思っています。」と、工夫した点と今後の抱負を一所懸命報告してくれました。

「清く澄む」には、思考だけでなく言動が必要です。自分の心を言葉と行動で発信することが必要です。短い言葉でも、控えめな行動でも、アウトプットすることによって、他者に伝わり他者の心を動かすことに繋がります。このような、自己開示的な清く澄んだ言動が、校内で、校外で、日本で、世界で日常として起こることを、私は願っています。

世の中にはさまざまな人がいます。中には、曇った心を持っている人や濁った心を持っている人もいるでしょう。地球を任された生徒たちは、これから多様な価値観を抱いた人たちと協働して、社会に貢献し、協奏社会を創造していきます。

自分をしっかり持ちましょう。清い心、曇った心、澄んだ心、濁った心・・・。どんな心と接する時も、どんな状況であろうとも、「清澄なそよ風」を吹かせましょう。他者が受けとめきれない暴風にならないように、他者が受けとめる間もない疾風にならないように・・・。そして、暴風や疾風が吹いてきた時には、自分の心が折れない程度に受けとめましょう。根をしっかりと張った大木である必要はないのです。自分の幹や枝が折れないように、例えば、柳のように、暴風や疾風をすべて感じながら、自分の可能な範囲で受けとめていきましょう。それが、中村の生徒たちが目指す「しなやかな地球人」です。

「生徒が伸びる」

平成28年4月1日より、中村中学校・高等学校第11代校長を務めます、永井哲明(ながい てつあき)と申します。中村学園に外国語科(英語)教員として奉職して、今年33年目を迎えました。2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)、上級教育カウンセラー(日本教育カウンセラー協会認定)でもあります。どうぞよろしくお願いいたします。

中村の生徒は、「伸びる」生徒です。学習面でも、部活動でも、自治活動においても、人としても、「昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分」という意識を持って、行動することができる生徒です。私は生徒の「伸びたい」という気持ちを大切にします。生徒が強い気持ちを持って、自ら行動し、その行動を継続できるような環境を提供することが、私の使命です。数学テストで点数を10点上げたい、ダンスの技術をもっと高めたい、校友会(生徒会)役員としてもっと学校をよくしたい・・・。さまざまな場面で生徒は向上心を抱いています。その心を大切に育み、実行できるように励まし、達成した時に思い切り褒めてあげたい。それが私の願いです。

本校の校訓は「清く 直く 明るく」です。私はこの校訓を次のように具体化しました。

清く   ⇒ CAN「できることは100%やろう」

直く   ⇒ MUST「すべきことに努力しよう」

明るく ⇒ WILL「やりたいことに挑戦しよう」

できるのにやらない自分から卒業し、「清く」行動する。努力を惜しむような心のブレーキを外して、「直く」背伸びをする。やりたいことに欲張って取り組み、「明るく」ジャンプする。この“CAN MUST WILL”は、どんな分野でも、どんなレベルでも、どんな場面でも、何歳になっても通用する人生の宝物です。

4月9日(土)始業式で、私は全校生徒にこの宝物の話をしました。1年生には1年生なりの”CAN MUST WILL”があります。6年生の”CAN MUST WILL”とは異なります。この違いが成長、つまり「伸びる」ということなのです。生徒一人ひとりが、自分で自分を理解し、自分の”CAN MUST WILL”を自覚し、自分の目標に向かって日々努力する。このような生徒の姿を私は毎日見たいのです。努力の習慣を身につけた時、生徒は達成感を味わいます。そして、自らの行動を社会貢献に結びつけ、協奏社会の創造に繋げていくのです。私は生徒たちに「地球」を任せました。グローバル社会を生きていくということは、地球を任されているという自覚を持って生きていくということです。地球規模で物事を考え、さまざまな国の人たちと協力して、美しいハーモニーを奏でることができる人、それが、中村の生徒たちが目指す「地球人」です。