「100年ライフ」

「2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107年以上生きる」ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授、アンドリュー・スコット教授が昨年11月に出版した「ライフ シフト」という本の中に書かれている言葉です。

「そんなに人生、長いんだ」という声が聞こえてきそうですが、小学生の皆さんだけでなく本校の生徒も、そして日本中の多くの児童・生徒も、2100年を迎えることができそうなのです。「10年あれば結構大きいことを成し遂げることができる」とよく言われますが、22世紀を迎える人は、一生のうちにいくつもの挑戦をして、いくつもの成果をあげることができるかもしれません。

小学生の皆さんは中学入試という目標を見据えています。中学生・高校生の皆さんは大学入試という目標を見据えています。しかし、自分の一生を考えると、その目標だけで「今」を生きていいのかな、という疑問が湧いてくると思います。

その疑問に向き合ってみませんか。「目標の時間軸」をもっと未来に伸ばしてみませんか。大学卒業時の22歳でもいいでしょう。キャリアデザイン授業で目指している30歳でもいいでしょう。或いは、不惑の年齢でもある40歳でもいいでしょう。自分の心の中の時間軸を長くすればするほど、今やっていることの付加価値が増えていきます。100年ライフを短く感じるかもしれません。

「トンネル」

6年生の皆さん、中学入試が近づいてきました。勉強が思うように進まず、焦っている人もいるかもしれません。「これでいいのかな?」と自信を持てない人もいるかもしれません。苦手教科を心配している人もいるかもしれません。入試のことが頭から離れない人もいるかもしれません。まるで、ずっと先の小さな出口しか見えないトンネルの中にいるように感じている人もいるかもしれません。

「トンネリング効果」という言葉があります。「まるでトンネルの中にいるみたいに視野が狭くなり、先の出口しか見えなくなる集中した状態」を表す言葉です。皆さんは、いろいろな心配を抱えつつ、一歩一歩着実にトンネルの中を歩んでいけばいいのです。「心配してもいい、でも迷うな」と自分に言い聞かせてください。トンネルという環境は見方を変えれば、他のことに影響されずに一つのことに専念できる環境です。「入試に集中できる環境である」とも言えます。

もし不安な気持ちが湧いてきたら、後ろを振り返ってみましょう。トンネルの入り口は出口よりずっと小さく見えるはずです。出口までの距離より遥かに長い道のりを歩んできたことに気づくはずです。支えてくれる人に感謝して、今まで頑張ってきた自分を褒めて、まっすぐ前を見て堂々と、自分の足跡を確実にトンネルの中に残してください。心から応援しています。