「ダイバーCity中村」

春の花の香り、夏の太陽のきらめき、秋の葉の彩り、冬の純白。4月から新年度が始まる今、平成30年度の1年に思いを馳せてみました。しかし、同じ四季であるのに、春の落ち着かない拡散感、夏の厳しい暑さ、秋のもの悲しさ、冬の厳寒の息苦しさ、のように感じる人もいるかもしれません。同じ場所で同じ時を過ごしている人々が、同じように感じる必然性はありません。春を「ほのぼの」と表現する人や、「不安定」と表現する人がいる。冬を「透き通っている」と表現する人や、「閉ざされている」と表現する人がいる。

世界には独自の文化を持つ人々がいます。日本にはさまざまな地域文化を持つ人々がいます。東京には種々雑多な考え方を持つ人々がいます。清澄白河には新旧入り混じった慣習を持つ人々がいます。そして、中村にもいろいろな人々がいます。多様な価値観を持った生徒が集まるCity、それが中村中学校・高等学校です。

今年、創立109年目を迎える本校は「ダイバーCity中村」を追求します。多様性に溢れた街で、より多くの人と繋がり、知の融合が起こる街、それが中村です。その中で、ぶつかり合いながら、入り混じりながら、否定したり認め合いながら、一人ひとりが新しい自分を発見していく。このプロセスこそが、一人ひとりの四季の受けとめ方を深化させていくと信じています。

「真実」

勉強をしていると、自分の弱い部分を意識することがあります。「計画通りにいかなかった」、「また三日坊主になってしまった」、「知らないうちに居眠りしてしまった」、「問題が難しくてすぐに諦めてしまった」。こんなことが続くと、自分の至らない点ばかりに目がいってしまうことがあります。

どんな人でも、自分の未熟な部分に向き合うことは辛いことです。現実を突きつけられて何とも思わない人はいません。呼吸のできない海に潜っていくような苦しさがあるかもしれません。そんな苦難からは逃げ出したいと思うのが自然な感情です。

しかし、短所ばかりに目を向ける必要はありません。私たちには長所もあります。素晴らしい部分も改善すべき部分も、両方持っているのが私たちなのです。海に潜らなくてもいいのです。地上で水平に進んで、自分の幅を広げ奥行きを増していくことでも、短所は改善され長所は増えていきます。水平の歩みには海底に潜るような息苦しさはありません。また、ちょっと元気のある時なら、丘に登ってみるのも一案です。登っている時には少し苦しいかもしれませんが、見晴らしの良い場所に辿り着いたら深呼吸できる爽快感を得ることができます。その爽快感は、短所の克服や長所の更なる伸長がもたらすものです。

真実は一つです。「どんな方法でも、努力すれば必ず成長する」。

「トランジション」

高等学校の卒業証書授与式が近づいてきました。あと8日で、6年間毎日のように校内で顔を合わせていた高校3年の生徒たちがいなくなってしまいます。「巣立ち」「門出」「旅立ち」。卒業は、いろいろな言葉で形容されます。私は今、一種の欠乏感に包まれ始めていますが、その感覚の深さは学年の先生方の比ではありません。「笑顔で送り出したい、でも、巣立ってほしくない」。卒業式の準備をしている時、担任の先生方の心にはこのような葛藤があります。生徒との結びつきが強い、中村ならではの心情です。

巣立っていく生徒たちは、「生徒」から「卒業生」に立場が変わります。そのトランジション(節目)に際して、寂しさを感じる人もいるでしょう。卒業したくないと思う人もいるでしょう。しかし、人生はトランジションの連続とも言えます。「何かが終わり、中立の状態を経て、何かが始まる」。終わった時の気持ちをニュートラルにする、そして、次のステップへの強い気持ちを創り上げていく。どんな節目であっても、いくつ節目があっても、それを乗り越えていく力が、6年生には身についていると私は信じています。

生徒にとって中村は「学校」です。そして、卒業生にとって中村は「母校」です。単なる出身校ではありません。109年間に亘って、女性である先輩たちが創り上げてきた母校なのです。時には、「母港」として位置づけてくれても大歓迎です。