「前後際断」

先日、「卒業生を囲んで」という行事がありました。大学に進学した卒業生が、高校1年生、高校3年生に自分の高校時代の勉強方法や学習へのモチベーションを生み出す工夫や大学生活について語ってくれる行事です。私も生徒と一緒に卒業生の話を聞きました。高校3年時の後悔をありのまま話して、後輩が同じ間違いをしないようにアドバイスしてくれた卒業生もいました。また、未来について自分の都合のいいように妄想して、懸命な努力を怠っていたことを正直に話してくれた卒業生もいました。

私たちは失敗した時に、諦めたり、悲観したりするだけで行動しないことがあります。また、「なんとかなるさ」と楽観して行動を先送りにすることもあります。どちらも、「今」という時間を精一杯生かしきっていない状態です。過去への後悔を引きずっていたり、まだ見ぬ未来が自分の思い通りになるような錯覚の中に生きている状態です。

こんなことを考えていた時に、新任の先生が「前後際断」という言葉を教えてくれました。過去や未来を断ち切って、「今、ここで」すべきことに集中することで、目の前の課題に一心不乱に取り組むことができる、という意味です。「過去と未来を切り離して現在だけを大切にしなさい」と受け取ることもできますが、過去の後悔や未来への妄想を消し去ることは難しいかもしれません。それならば、「過去から学んで、現在を大切に生きて、未来を築け」と受けとめた上で、「今の自分」を鼓舞して行動した方がいいでしょう。卒業生と新任の先生から、貴重な学びを得た1日でした。

「せいざ」

3週間前から8名の卒業生が教育実習を行っています。中村で6年間過ごした生徒たちが大学進学後、教師というキャリアをデザインして母校に戻って来てくれたことに、大きな喜びを感じています。昨日は、実習の集大成として研究授業が行われました。多くの恩師が参観する中、緊張しながらも一所懸命に授業を進める姿に、私は35年前の自分を重ね合わせ、初心を再確認しました。

文学部中国文学科書道専攻の実習生は、授業の最初に「それではこれから書写の授業を始めます。皆さん『せいざ』してください」と指示を出しました。授業は普通教室で行われていましたので、生徒は全員椅子に座っています。「せいざ」は「正座」ではありません。実習生が求めていたのは、正しい姿勢で座る正座ではなく、正しい姿勢で座ることに加えて、気持ちを落ち着けて静かに座るという意味の「静座」でした。

中村の書写の授業は伝統的に静座から始まります。点画の把握や筆使いなど技能・技術の修得を目指すと同時に、文字に表れる心を整えることを目指します。成果主義、効率主義の競争社会において、自分を見失わずに孤高を保つとともに、他者への柔和なまなざしを堅持し、人との繋がりを希求し続ける心を整える。「静座」が日常の中に根づき、当たり前のことになった生徒たちは、この実習生のような、温かみのあるクリスタルのような心を持った人になるでしょう。