「後と先」

8月26日(日)に部活動体験として、「オープンキャンパス夏フェス」が開催されます。中学新人選ダブルス予選ブロック優勝のテニス部、オリジナルうちわを創る書道部、キャンドルを創る理科部、USA大会中学生部門第2位のバトン部など、24の部活が小学生の皆さんと時を過ごします。中学生・高校生のお姉さんたちが、小学生の皆さんの知的好奇心を満たしてくれますので、期待していてください。

運動部も文化部も、この夏休みに練習に励んで試合やコンクールなどに臨んでいます。素直な生徒は、自分の技術を伸ばすことができます。自分の持っていないことを練習でどんどん吸収するからです。しかし、ただ単に新しいことを自分の中に取り入れて、それを実践しているだけでは、堅実な成長に留まってしまいます。もちろん、このような積み重ねの伸長は非常に重要です。

勉強でも同じことが言えます。新しいことを着実に吸収して、消化して、土台を創っていくことは重要です。しかし、大きな飛躍をその先に目指すのであれば、「これを暗記した後」「これを解いた先」に思考を巡らすことが大切です。「暗記したことをどのように使うのだろう?どのように他のことと結びつけるのだろう?問題を解いた先にどんな理解が広がるのだろう?」何も考えずにがむしゃらに勉強する自分は素直な自分です。一方、「後」や「先」を考えながら勉強する自分は頼もしい自分です。懐の深い自分です。

勉強を一所懸命している人には、単純な素直さだけでなく、先見性のある素直さや奥深さが備わりつつあります。その頼もしさや懐の深さには計り知れない成長の可能性が含まれています。成長した「後」のさらなる伸長や、成長した「先」の大きな飛躍に思いを馳せながら勉強することは、とっても楽しいことなのです。