「感謝」

令和元年も残すところ4日となりました。私たちにとって、大きな節目となった1年でした。中村学園にとっても、創立110周年を迎えた年でした。この記念すべき年に、多くの受験生・保護者の皆さまにご来校いただいたこと、大変嬉しく思っています。ありがとうございました。

「年の瀬は、閑かに自分の心を見つめる、大きな節目」という言葉があります。12月29日には謙虚な気持ちで反省をする。30日には穏やかな気持ちでお世話になった人々に感謝する。31日には明日への一歩を踏み出すための決意をする。1年前にも同じような内容をこのブログに書きました。

先日の全校集会で、私は全生徒に宣言しました。「今年は、反省はしないし、決意表明もしません。年末の3日間すべて、感謝の気持ちを持って過ごすつもりです。29日には、毎日支えてくれた家族に感謝します。30日には、1年間一緒に力を尽くしてくれた先生方や職員の皆さんに感謝します。大晦日には、生徒の皆さんに感謝します。そして、新しい年を迎えます」

生徒に感謝する理由は一つです。いろいろなことを教えてくれたからです。常に笑顔を忘れずに人と接すること、挑戦することを厭わないこと、人と繋がろうとすること、挫折を恐れないこと、素直に他者を受け入れること、自分を飾らないこと、他者の成功を心から喜ぶこと、自分にうそをつかないこと、人の話を真剣に聴くこと、未来を見据えながら今を大切にすること、自分の短所を改善しようとすること、自分の長所をさらに伸ばそうとすること、地道に前に進むこと、正直に生きること。

私にとって生徒は「先生」です。多くの学びを与えてくれた生徒に感謝し、穏やかな心で令和元年最後の日を過ごします。皆さまにとって、令和2年が幸多い年でありますように。