「第100話」

2016年4月より、ブログを書いてきました。今日は平成31(令和元)年度、最後の日です。今日のブログが、第100話となります。今までお読みいただいた方々に、心より御礼申し上げます。受験生と保護者の皆さまに、在校生と保護者の皆さまに、卒業生に、教職員に、そして自分自身に向けて、その時その時の心を、「清く澄む」というコンセプトの元に発信してきました。

ブログを読んでくれた30年前の卒業生から「辛い時期を乗り越えることができました」という手紙をもらったこともあります。保護者の方から「毎回、楽しみにしています」と笑顔で言われたこともあります。「長過ぎる」と指摘されたこともあります。二人の娘からは「お父さん、文章堅いよ」と言われたこともあります。どのご意見・ご感想も、私にとっては大きな宝物となっています。本当にありがとうございました。

「清く澄む」というブログ名は、本校の南面にある「清澄公園」から生まれました。もちろん、校訓「清く 直く 明るく」が根底にあります。お読みいただいた皆さまが、少しでも清く澄み通った気持ちになっていただければと思い、言葉を紡いできました。これからも、本校へのご理解をよろしくお願いいたします。そして何よりも、本校生徒へのご支援を切にお願い申し上げます。学校は生徒です。生徒そのものです。

結びに、私からのささやかなメッセージです。皆さんのこれからのキャリアに幸多いことを心よりお祈り申し上げます。

“Tomorrow is always fresh with no mistakes in it.”

「三つの目」

4月から中学校へ、高等学校へ進学する皆さん、そして一つ上の学年に進級する皆さん、臨時休校で例年とは違う3月を過ごしていると思いますが、健康状態はいかがですか。自分自身で健康管理に気を配り、栄養と睡眠を充分に摂り、規則正しい生活を心がけてください。さまざまな報道がなされていますが、本質を見極めて自分の行動をコントロールすることはもちろん、他者への温かいまなざしも忘れないでほしいと思います。

私たちは、一人ひとりが特有の視点で物事を考えています。身近なことを意識する視点、客観的で広い視野を持つ視点、世の中の流れをつかんだ視点。つまり、「虫の目」「鳥の目」「魚の目」です。虫のようにすぐ近くのことに注意を払うことも必要です。鳥のように高い所から俯瞰することも必要です。魚のように水の流れを冷静に捉えることも必要です。

年度の締めくくりの月である3月を、私たちはどんな「目」で見ているのでしょう。初めて経験するこの状況下で、虫の目を使うどころか自分のことしか見えていないかもしれません。鳥の目を使わずに偏った見方しかしていないかもしれません。魚の目を忘れて特殊な水に流されていまっているかもしれません。しかし、こんな時だからこそ、私たちには「三つの目」を使い分けていくことが求められています。皆さんとともに、三つの目で本質を追求する年度末にしたいと思います。

「遠くへ」

世界保健機関がパンデミックを宣言しました。世界中の人々が共通の意識と決意をもって、対応しなければならない状況です。皆さんも日本のことだけでなく、世界各国の状況を気にかけて心配していることでしょう。地球規模で物事を考えるということは、自分のことを後回しにすることでも、自分を最優先することでもありません。他の人と自分を同時に考えていくということです。まさに今がその時です。私たちが、世界の人々に思いを馳せるのと同時に、自分に何ができるのかを考えて行動する時です。

しかし、一人でできることには限界があります。人と繋がることによって、その範囲は広がっていきます。最初は多くの人々でなくていいと思います。たった一人でも、繋がる人を見つけることができれば、そして、深く繋がっていければ、多くの人々と繋がる扉を開くことができます。そのためには、自分が考えたことを伝えるだけでなく、自分の感情を表現することが有効かもしれません。思考だけを理解し合うよりも、感情も理解し合う方が、より一層心と心の結びつきが強いものになるからです。

私たちは目標に向かって早く進もうとする傾向があります。合理的に物事を考えたり、効率を重視して行動をコントロールしたりします。それ自体は悪いことではありません。しかし、もっと遠くの目標に到達するためには、他の人との協働が必要です。無駄を省くだけでは、一人で歩き続けることは困難です。アフリカの先住民族の諺に、「早く行きたければ、一人で行きなさい。遠くまで行きたければ、一緒に行きなさい。」という言葉があります。一緒に、遠くまで行きましょう!

「花吹雪」

東京の桜の開花はもうすぐです。今にもはち切れんばかりの蕾が、清澄公園を訪れる人々に期待感を届けてくれています。表題を見て、これから花が咲くのに花吹雪とはどういうことだろう。こんな疑問を抱いた方もいらっしゃると思います。

「一番綺麗な日本語は何ですか」という外国人へのアンケートで、圧巻の一位が「花吹雪」だったそうです。一年に一度のことですが、私たち日本に住んでいる者にとっては、毎年見ることができる光景です。それでも、散っていく桜の花びらにしばし足を止めてしまいます。

桜の花びらが舞う速度は毎秒5センチほどと聞いたことがあります。そう言われてもピンときませんが、「桜の花びらが舞う速度は、雪が降る速度と同じだ」と言われると、なぜか納得してしまいます。雪が降り出すと、私は無意識に空を見上げます。気がつくと、雪片を追っている自分がいます。それと同じ行為を桜の花びらに対してもしています。

咲いている時の桜の花びらには、人の心をほっとさせる調和があります。桜の花吹雪には、散っているのになぜか可憐な温かさがあります。水面に浮かぶ花筏には、生命に溢れている美しさがあります。

置かれた場所で、自分に与えられた役割や自ら取り組もうと名乗りを上げた役割を果たしていく。どんな状態であろうとも、その存在価値をしっかりと持ち続ける。そんな、桜の花びらのような生き方に、心が敏感になる季節がやってきました。