学校案内ABOUT

学内サポート

学内サポート
中村は小規模な女子校です。生徒・保護者と先生の距離も自然に近づくので、生徒にとって先生は、家族同様に気軽に相談できる存在となります。部活動や学校行事を通じて交流する上級生のお姉さんたちも、下級生にとって心強い相談相手です。

バウム

カウンセリング・ルーム「バウム」には、「木」という意味があります。
大地に根を張る樹木のように伸びやかに成長し、鳥たちが羽を休める木陰のように、みなさんが心を休める場所にしたいと願っています。どうぞ、気軽な気持ちで遊びに来てください。

バウムについて

相談

学校生活に関することを相談できます。最近気になっていること、勉強・進路のこと、友だち関係、自分自身についてなど、気軽にお話ししてください。臨床心理士の資格を持つ専任のカウンセラーが相談に乗ります。

利用方法

自由に利用できますが、ゆっくり話したいときは予約をとる方法が便利です。

  • 予約の方法はいろいろ!
    • カウンセラーに直接会って時間を決める
    • 予約票を使う
      (詳しくはバウムの前の掲示板をご覧ください)
    • 直通電話で予約する(03-3642-8296)
    • 先生方を通じて予約する
  • その他
    • 個人でもグループでも利用できます。
    • プライバシーを尊重します。

開室時間

  • 開室日時

    平日 午前9時~午後5時
    ※長期休業中の開室日時は、バウムだよりでお知らせします。

  • 利用時間

    原則として昼休み、放課後

校友会活動

校友会は、毎日の学校生活や行事をより良くするために、生徒が企画・運営する組織です。
学校行事の運営や校友会新聞「KIYOSUMI」の編集・発行を行っています。

校友会会則を見る

校友会会則

第1章 総則

  • 中村中学高等学校校友会は、本校の全生徒によって組織され、全生徒のために、その独立自由の精神に従って運営する自主独立の生徒活動である。
  • 校友会は、全生徒が平等の資格で会員となり、同等の権利・義務をもって本会の運営に参加する。

第1章 総則

  • 校友会の活動を次の通り組織する。但し、必要に応じてこれを改廃創設することができる。

校友会

  • 校友会に総務を置く。
    総務は次の役員によって構成される。

    会 長 1名(5年)
    副会長 2名(5年・4年各1名)
    書 記 2名(5年・4年各1名)
    会 計 2名(5年・4年各1名)

  • 会長の召集により
    会の重要事項の評議をする。

    予算審議並びに決算審議は評議委員会において行い、全会員に報告し承認を得る。